小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>について

新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(Aサプライチェーンの毀損への対応、B非対面型ビジネスモデルへの転換、Cテレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等(注1、注2、注3、注4)が、地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。
補助上限額:100万円(注5、注6、注7)
① 持続化補助金〈コロナ特別枠〉のうち類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)、類型C(テレワーク環境の整備)の補助率を3/4に引き上げるとともに、
② 新たに定額補助・補助上限50万円の事業再開枠 (業界横断的な感染防止対策)を創設します。
※  ①② については、一次採択者についても遡及適用となります。

注1 小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社<企業組合・協業組合を含む>および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
注2 「商工業者」には、医師・歯科医師・助産師や、系統出荷による収入のみである個人農業者等は該当しません。
注3 上記の小規模事業者のほか、一定要件を満たす特定非営利活動法人も対象となり得ます
※詳細は公募要領「2.補助対象者」等をご覧ください。
注4 商工会の会員、非会員を問わず、応募可能です。
(※商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者については、別途、日本商工会議所が公表する公募要領をご覧の上、日本商工会議所へ申請ください。
注5 補助対象経費150万円の支出の場合、その2/3の100万円を補助します。同様に、補助対象経費120万円の支出の場合は、その2/3の80万円が補助金額となります。また、補助対象経費180万円の支出の場合には、その2/3は120万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である100万円となります。
なお、特例措置として、持続化補助金〈コロナ特別枠〉のうち類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)、類型C(テレワーク環境の整備)の補助率を3/4に引き上げるとともに、新たに定額補助・補助上限50万円の事業再開枠(業界横断的な感染防止対策)を創設します。※詳細は公募要領・別冊「事業再開枠 申請の手引き」等をご覧ください。
注6 原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が200万円~1,000万円となります(連携する小規模事業者等の数により異なります)。
注7 複数回の応募受付締切スケジュールは、以下のとおりです。
第1回:2020年  5月15日(金):終了           第2回:2020年 6月 5日(金)
第3回:2020年  8月  7日(金)                    第4回:2020年10月2日(金)

1.お問合せ・申請先



2.補助対象者



●小規模事業者であること。
※小規模事業者支援法では、業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断しています。

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数    5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数  20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数  20人以下

●  小規模事業者等であり、補助対象経費の6分の1以上が、
下記要件 A〜C いずれかに合致する投資であること。

    1. サプライチェーンの毀損への対応
    2. 非対面型ビジネスモデルへの転換
    3. テレワーク環境の整備

    ● 事業再開枠(業界横断的な感染防止対策)

※詳細は公募要領よりご確認ください。

3.補助金額等        



「特別枠(類型B又は類型C)」の補助率の引き上げ
令和2年度補正予算で創設した「生産性革命推進事業」の特別枠のうち、業種毎の感染拡大予防ガイドライン等で推奨されている、類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)と類型C(テレワーク環境の整備)への投資が一定水準(補助対象経費の6分の1以上)の場合は、
補助率を2/3から3/4へ引き上げます。
(特別枠の対象事業の類型)
類型A   サプライチェーンの毀損への対応 補助率  2/3
類型B   非対面型ビジネスモデルへの転換 補助率  2/3 → 3/4
類型C   テレワーク環境の整備                補助率  2/3 → 3/4

  • 150万円以上の補助対象となる事業費に対し、100万円を補助。
  • 150万円未満の場合は、その2/3の金額を補助。
  • 事業再開枠は、類型A~Cのオプションとして活用を認め、上限50万円、総補助額の50%までとする。

※詳細は公募要領よりご確認ください。

4.公募スケジュール(予定)



公募開始   : 2020年 4月28日(火)<公募要領公表>
        第1回受付締切: 2020年   5月15日(金)[郵送:必着]
第2回受付締切: 2020年   6月  5日(金)[郵送:必着]
第3回受付締切: 2020年   8月  7日(金)[郵送:必着]
第4回受付締切: 2020年10月  2日(金)[郵送:必着]

5.受付開始



令和2年5月1日(金)

◎ 詳細は公募要領をご覧下さい
◎ 別冊「事業再開枠 申請の手引き」
◎  よくある質問
公募要領の変更履歴はこちら

※応募申請のための公募要領や応募様式等をダウンロードしてください。

令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>
申請関係書類一覧※タイトルをクリックし、資料をダウンロードしてください。
様式等 文書名
様式ファイル一式ダウンロード(様式1-1、1-2、2、2-2、4、5)
【様式1-1】 申請書(単独)
【様式1-2】 申請書(共同)
【様式2】 経営計画書
【様式2-2】 計画の内容(共同)
【様式4】 交付申請書
【様式5】 概算払請求書

 

☆最新情報は下記のURLをご覧ください。

http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/